www.alliedbeacon.net
予期せず、突然遭遇してしまうのが事故です。そこで何をどうやって処理した結果によって、自動車の保険金の支払額も全く変わってくる時も予測できますので的確な決断と対応力が大事です。考えていないケースで混乱してしまうと大切な事を見落してしまい、それから自分が損を負う状況もありますので交通事故を起こしてしまった状況では冷静に次に記述した処理をしましょう。自動車事故を起こしてしまった状況で最も初めにするべき事は怪我人の状況の確認です。自動車事故の後すぐはパニックになって呆然としてしまうことがありすぐに行動できないのが現実です。ですから、負傷した方がいたら安全が確認された地点に移動してから応急手当をして、周りに助けを呼ぶなどして人命の最優先に努めることが重要です。119番に連絡する時は的確な事故現場を告げて分かりにくい状況では近くの有名な建造物や番地名を連絡し事故が発生した地点が判断できるようにします。その後に110番へ通報して、自動車事故が発生したこと、現在の状況を説明します。救急車とパトカーの到着を待つ間に事故相手の事を確かめます。名前、住んでいるところ、連絡先、免許ナンバープレート、事故の相手の自動車保険会社名のような相手だけでなく自分のことをやり取りします。特に相手側に違反がある場合は、すぐに解決しようとするケースが存在しますがうやむやにするのではなくどのケースであっても警察や自動車の保険会社届け、ちゃんとチェックしてもらうようにしましょう。それぞれの連絡先を交換したら他者の妨害になるのを避けるために妨げとなる物道路から取り除きます。もし障害物が他人の車の妨げになっている場合は、お互いの情報を交換するより早くこれを完了させても大丈夫です。この後に自分自身の加盟している自動車の保険会社に電話を入れ自動車事故が発生したことを電話します。一定期間の時に車の保険会社に報告していないと自動車での事故の保険の適用除外とされる場合も想定されますので時間が出来たら遅れることなく電話をすることが欠かせません。さらに事故内容の証拠になるように、デジタルカメラや携帯等を使って事故の現場やマイカーの壊れた箇所を見ることができる写真を撮っておきます。これは落ち度の割合決定するとても重要な証拠となりますので、己の車や相手の自動車の故障個所を正しく証拠として残しておいてください。この時に見た人がいるのであればおまわりさんや自動車保険会社の人が着くまで現場にそのまま待ってもらうよう頼むのも必要不可欠です。