www.alliedbeacon.net
自動車損害保険には、みなさんも既にご存知だと思われますが通称「等級」という略称で知られる数字があります。正式名称としてはノンフリート等級別料率制度と呼称され、月々の掛金にかなり多大に影響を与えています。等級においては、車の損害保険への加入者の公平性を担保することが一番の目的とするため、トラブルを生じさせる可能性あるいは、クルマの損害保険を使われる確度が大きければ大きいと考えられるほど月額の掛金が高額になります。その反対にアクシデントを発生させる可能性がほとんどなく、クルマの保険を使われるとはあまり思われない利用者は優良ドライバーであると認められることで保険料金が低くなります。安全運転している加入者の方のほうが有利な仕組みとなっておりトラブルを生じさせてしまいやすい被保険者には多少不都合な制度だといえます。等級という仕組みは、低リスクの加入者と事故リスクがより高いドライバーの保険料が同じだと割高な金額を払わされていると考える客が大多数なので保険の提供側からしても経営上のリスクを減少させるためにどうあっても欠くことのできない枠組みだと断言できるのです。ここで、等級というシステムが具体的にはどういった機構なのか具体的に明示します。はじめに、等級というシステムには1等級?20等級まで設定され、等級が上昇すると次第に保険料金が値下げされるようになっているのです。次に1等級?3等級の間においては安くならず、それどころか高くなり、事故を引き起こし自動車損害保険を利用してしまうと等級が三つ低くなり、負担の大きくなった自動車保険を払っていくことになってしまいます。最後に、はじめて自動車損害保険に入るならば六等級よりの始まりとなり、そこから自分の等級が減るのか増えるのかは運転手の実績によります。ゆえに、保険の掛け金を低くしたい人は、トラブルを防ぐために日々安全運転に努めていくのがまずは一番効率的といえるでしょう。