www.alliedbeacon.net
自動車損害保険にはこの記事をお読みの方も知っているかと思われますが等級というものが被保険者に対して与えられます。より正確にはノンフリート等級別料率制度という名で、掛金にかなり甚大に関わっています。等級においては、車の保険の被保険者の透明な料金設定を担保することを目標とするためアクシデントを生じさせてしまう危険性あるいは自動車の保険を使われる確度が高ければ大きいほど掛け金が高額になります。その一方で交通事故を発生させてしまう確率がより低く自動車の損害保険を使われると考えにくい被保険者は、優良運転手であると認められることで、掛け金がぐっと押えられます。安全に乗用車を利用する加入者のほうがより優遇される制度なので事故を生じさせてしまいやすい運転手には多少不都合な制度だと考えられるでしょう。等級は、優良運転者と事故のリスクが大きい運転者の保険の掛金が変わらないとフェアでないと感じてしまう被保険者が多数であるため、保険会社としても損を減らすために必要な機構だと考えられるのです。それでは、等級という制度が詳細には一体どんな制度なのか簡単に明示しようと思います。まず第一に、等級というものには1等級より20等級まで定められ、数字が上昇するごとに掛け金が割引される枠組みになっています。次に1等級より3等級までは値下げされず、反対に割高になり、トラブルを引き起こし、自動車保険を適用すると3等級下がってしまい、より一層負担が増した事故有保険料を納めていくことになることを避けられません。第三にまったくはじめて車の保険に申し込む場合は6等級という級からのスタートになり、その時点から自分の数が低くなるのか上がっていくのかは被保険者の実績によります。だから保険料を低くしたい運転者は、アクシデントを生じさせないように安全運転に留意するのがまずは一番大事です。