www.alliedbeacon.net
車の損害保険には任意保険および自賠責保険に代表される2つのタイプが用いられています。自賠責保険、任意保険の双方ともにいざという時の事態に遭ったときの補償に関するものですが契約の中身は少し違っています。ふたつの保険では補償の対象となる条件が一様とはいえません。※事故の相手に対しては、「自賠責保険」「任意保険」で補償されようになっています。※自分自身に関しては「任意保険」のみによって補償されるよう取り決められています。※自分の財産に対しては「任意保険」で補償されるようになっています。自賠責保険単独では自らの手傷や自動車への補償などのサポートは受ける権利がありません。そして相手方への補償などのサポートですが自賠責保険ならば死亡した時は最高三〇〇〇万円・後遺障害を与えてしまった場合最大額で4000万円と決められています。しかし実際の賠償額が上記の額面を凌ぐことはよくあることに注意しましょう。かてて加えて相手のマイカー・建築物を壊してしまった時に関しては事故を起こした者の全くの自己負担とならざるを得ません。だからこそ任意保険という制度が必要だといえます。被害を受けた者の援助に重点を置く任意保険には、それに留まらない補償内容が用意されています。※相手へは、死亡時もしくは怪我の他、愛車あるいは建築物といったものの所有物を賠償してもらえるのです。※自分に対しては、同伴者も含め、死亡時または手傷を補償してくれます。※自分自身の財産に対しては、車を補償します。数々の面で賠償が安心できるものであるということが任意保険におけるストロングポイントです。掛け金の振り込みは欠くべからざるものとなってしまいますが、事故の相手方のためにも自分自身を守るためにも、マイカーに乗るなら任意保険というものに契約を結んでおきましょう。